トップ

医師が英語の勉強をする

医師が勉強すべき事

医師の英語能力を向上させるには

医師をしている方でなかなか英語が話せない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。日本人を相手にしていればめったに英語で話しかける機会も少ないですが、日本に住んでいるのは日本人ばかりではありません。旅行中の外国人だったり、在住している外国人が怪我や病気などで診察する必要のある時もあるのです。そうした時、うまく意思疎通をできるかどうかによって症状を判断することになりますので、日本語が理解できなければ難しいケースもあります。もし医師が日本語だけではなく、英語を話せればそれだけ相手にとっても表現の幅が広がります。ですから、そうした時に備えて語学学習をする、という方法もあります。そんなに学習している時間がない場合でも少しずつ自分のペースでやっていけば、だんだんと理解力も深まってくるのです。オン・ラインで英会話を学習したり、アプリで勉強をする方法もありますので、興味のある方は調べてみてはいかがでしょうか。

英語力のある医者を目指す

医師になるために、努力を惜しむ方はいないでしょう。人の生命を預かる職業は献身的に精進しようという志と、聖域でありながら体力、気力と膨大な学習量を必要とします。当然、目の前の研究や病態に時間と労力を奪われがちです。それでも全ての教科の習得に努力されます。元々、頭脳的に優秀な方が多いので、英語力も総じて持っておられます。そういう方々にとって、外国の文献を自国語と同様に読解するのは、難しいことではないでしょう。ですが、話し言葉としての英語は、日本が単一民族という理由もあり、そう多く使われていませんが、最近、外国からの患者様は増加しています。これから、どの分野でも英語の必要性が切迫してきています。語学を極めた方、語学を重要課題として学習し続けられる方、どちらもグローバルな社会には必要です。世界中、どこに居ても、どこに行っても、どこからでも、どこの国の人達でも、必要に応じて、対処してくれる医師が求められているからです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が英語の勉強をする. All rights reserved.