トップ / 大学医学部の特徴を解説

大学医学部の特徴を解説

医学部の学費など

大学の医学部について

大学の医学部は普通の学部とは異なる点が多いです。一般的な学部生は4年間で卒業しますが、医師になるには6年間勉強します。4年次には共用試験なるものがあり、合格することで5年次と6年次の臨床実習に移ることができます。6年次に受ける医師国家試験は実質的な卒業試験であり、これに合格することで晴れて1人の医師になるのです。医学部の学費に関しては高額なイメージが強いです。確かに私立大学ではトータルで2000万円から5000万円ほどの学費を要求されることがありますが、国公立大では年間50万円程で済みます。

医学部への受験対策とは

少子化が進み大学全入時代と言われるようになった現代ですが、それでもなお受験生にとって医学部は人気で最難関学部の1つとなっています。とは言え以前のような学科試験だけで合否を下すのではなく、最近ではAO入試を始め、公募推薦や自己推薦といった様々な入学試験が課されるようになったと言われています。頭の良さだけでなく、人間性といったものが重視される職業ならではといえますが、医学部入学のためには勉強はもちろん色々なことを総合的に学ばなければならないとされています。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が英語の勉強をする. All rights reserved.