トップ / 医師が開業を考える時

医師が開業を考える時

医師が独立するには

医師が開業時にすべきこと

医師としてある程度経験を積み、開業を考えるならば、まずどの土地ですべきか検討する必要があります。住民が極端に少ない地であれば、生活していけるだけの収入が得られるかを考える必要がありますし、同じような分野の医師がいる病院があったとすれば、近くで患者を奪い合うという事態を考えなければなりません。開業には、それなりの資金も必要ですから、失敗しないように事前に綿密な調査を行い、末永く運営をしていけるのかどうかを見極める必要があります。

医師が開業する際に必要な事

親の代から受け継がれた開業医なら、そのまま椅子を譲り受ければ済みますが、新たに自ら開業医として働こうという場合は医師免許だけでなく、それなりの経歴と実力及び患者からの信頼や恩師の紹介など、多方面に向けて実績が必要になります。土地や建物も必要になります、医師としてだけでなく、1人の人間として不動産や工務店などとの取引が出来なければ実現出来ません。建物を建築する際は専門性の高い設計士に依頼する事など、ノウハウを先輩から指導してもらうと安心です。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が英語の勉強をする. All rights reserved.