トップ / 医師の実習で多くを学ぶ

医師の実習で多くを学ぶ

医師になるためには

医師になるための実習

医師になるためには多くの実習を積み、あらゆる状況に対応出来なければなりません。医療の現場は一刻を争う緊迫した状況になる事も多いため、短時間で的確に判断し、正しい治療法を見つける必要があります。そのため大学3年生までは知識を増やすための学習や解剖などについて学び、4年生以降は医師としての実際の現場を想定した実習が行なわれます。精神的にも肉体的にも疲労が大きく感じられる時ですが、ここを乗り越える事が最初のハードルになります。

医師の実習には解剖と病院の2つ

医師になるための実習は、大学で行う解剖と病院で行うものがあります。解剖は代表的なもので、低学年の時に行います。臓器や器官などを直接触れて学べます。遺体は善意の提供ですので、最大限敬意を払う必要があります。病院で行う実習は、高学年になってから行います。医師の仕事を見て学んだり、実際に患者様と接して学びます。技術や立ち回り方を学ぶだけではなく、教科書の知識を実践的な知識として身に付けることができます。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が英語の勉強をする. All rights reserved.