トップ / ビジネスとしての医師

ビジネスとしての医師

医師の考え方とは

医師をビジネスとして捉える

医師は聖職であることは間違いありませんが、個人医院や病院経営となるとビジネスの要素も大きくなってきます。経営のノウハウがわかってなければ成り立ちませんし、高額な医療器具の設備投資や看護師などスタッフの雇用もしなければなりません。経営の面においても快適な環境であることが、医師としての本来の有能な能力を発揮することに繋がります。経営コンサルタントを雇って、ビジネス面でサポートしているところもあるくらいです。

医師のビジネスモデル

高齢化社会の医師のビジネスモデルとして、在宅医療は地方だけでなく都会でも需要があります。高齢者を抱える家族は、病院通いのための移動や待ち時間は大きな時間と労力の負担になっています。そのため、多少高いお金を払っても在宅医療の問診を選ぶという人も増えています。在宅医療の仕組みは昔からありますが、医師1人ではマンパワーが足りません。そのため、重要になってくるのが組織です。働きやすい環境作りのためにマネジメントを行うスタッフなど、情報共有の徹底と効率化によって新たなビジネスモデルになります。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が英語の勉強をする. All rights reserved.