トップ / 医師の悩みである忙しさ

医師の悩みである忙しさ

医師は毎日激務である

医師が激務から逃れる方法

医療職はいつの時代にも需要がありますが、激務で悩んでいる医師の方もいらっしゃいます。患者さんの病気や怪我を治すのが本来の目的なのに、自分の体がもたなくてはやっていくことは難しいでしょう。体は昔から資本といったもので元気でなければ激務を乗り切ることも大変です。精神的にも肉体的にも追いつめられてしまっている場合、まずは脱出することを考えた方がよいケースもあります。いくら使命感に燃えていたとしても最後に頼れるのは己の体のみですから、医師として健康を保つ努力も必須といえるでしょう。理想論ではなかなかうまくいかないこともありますが、できることから始めるというのは誰にでもできます。例えば、現在の環境をがらっと変えてしまうために転職活動をするのです。潰れてしまうよりも新天地で新しい働き方を見つけることで再び輝ける可能性もありますので、諦めない心を持ちましょう。忙しい合間でもインターネットを見るなどして情報を探してみてください。

勤務している医療従事者は激務

おおきな病院に勤務する医師は激務です。たいてい、勤務時間を超えて患者の対応を余儀なくされ、昼夜を問わず患者が急変すれば呼び出され、場合によっては緊急の手術も行います。それが、大きな手術の直後であっても対応しないわけにはいきません。患者の状態は、医師の激務の状況などまったく関係なく悪くなってしまうものです。さらに、たいていの勤務医は、他の病院の宿直アルバイトも行っており、昼間は本業の病院で激務をこなし、夜は他の病院で宿直を行い、ほとんど寝る暇もないのに、翌朝から本業の病院で手術を執刀・・・というサイクルも決して大げさな話ではありません。彼らは、手術と手術の間のわずかな時間に仮眠をとり、すぐに業務に戻ります。本当に頭が下がります。多少、給料が高いのもうなずけます。本当はもっと体制が充実するのが望ましいと思えるのですが、現実にはなかなかそうはなりません。ぎりぎりの体制の中で頑張るしかありません。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が英語の勉強をする. All rights reserved.