トップ / 小児科の医師の充実度

小児科の医師の充実度

場所によっての小児科

小児科の現状について

現状では小児科の医師が充実している場所とそうではない場所の格差が非常に大きいです。地域によっては特定の病院に非常に多くの患者が集まり、その医療機関のスタッフが心身を疲弊させ苦しんでいるケースが多くあります。現状を打破するためにはこの小児科で業務に従事する事の良さを学生時代の早い段階から教える等あらゆる工夫が必要です。様々な改善に取り組んでいますが、激務やリスクの高い業務がたくさんあるため、医師はこの科を避ける傾向がまだあります。

小児科医不足の現状への対応策

子供はいつ何時体調を崩すのか予想がつきません。小児の救急は大変なイメージがありそのせいか小児科医を希望する医師が少ないのが現状です。おまけに数まで減っています。子供の急病は親としても心配ですが、診察をするまでもないケースがあるのもまた事実です。鼻水が出た、くしゃみが出たなど様子を見てからでも大丈夫であればむやみに受診は控えるべきでしょう。小児医療、小児科をひっ迫させないためにもそのような心構えが現状対策として必要だと思われます。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が英語の勉強をする. All rights reserved.