トップ / 小児科の不足の問題とは

小児科の不足の問題とは

小児科の問題を知る

小児科不足と少子化の関係

現在、子供専用の医師が少なくなっていて小児科が不足しています。少子化の現代、子供専用の病院を経営したとしても、診察に来る子供の人数が少ないし、個人病院より設備が揃っている総合病院を選ぶ保護者が増えて来ました。総合病院で診察するため、子供専用の医師は個人病院ではなく総合病院で働くようになったので、現在小児科の個人病院が少なくなり不足しています。少子化でもあるので、今後も子供専用の場所というものは、少なくなって行くと感じています。

小児科の医師不足について

小児科の医師が不足していると言われています。主な理由としては、仕事内容が子供を相手にした診療の為、泣いたり暴れたりして手間がかかる上に、身体が小さく、血管が細い為点滴などの処置も難しくなります。更に、診療報酬が内科や眼科など他の診療科よりも安く、仕事が大変な割には報酬が見合っていないと言う理由からも小児科は若い医師から敬遠されているのです。医師の不足から、一人当たりの仕事量が増え、さらに医師が足りなくなると言う悪循環も起こっています。小児医療を取り巻く環境を整える事が少子化対策にも大事な事と言えそうです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が英語の勉強をする. All rights reserved.